長岡京市で口コミで地域NO1の「長岡整骨院」捻挫・打撲

捻挫・打撲

捻挫・打撲について

捻挫長岡整骨院では転倒による捻挫や打撲などの応急処置や、スポーツによる肉離れ、テニス肘、野球肘などの症状の方にも通っていただけます。

スタッフもスポーツ経験がありますので怪我についての相談にのります。

柔道、野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、テニス、ラグビー、陸上、水泳など
運動の種類によって怪我の具合や痛みの箇所も変わってきます。
よりよい成績を残すためにテーピングでサポートします。

関節炎

関節炎テニス肘、野球肘など関節の痛みは体の動かしすぎでも起こります。
スポーツには、種類それぞれに独自の姿勢をしたり、同方向に手足を移動させるなど、決まったポーズを取る事があり、関節を酷使する事もあるでしょう。
それに、運動している時は、どうしてもケガの発生を遠ざける事が難しい事もあるものです。

スイングを何度となく行う事で、関節内がダメージを受けてしまい、慢性化するケースもあります。

過度の運動によって起こる、関節の痛みや脱臼、捻挫、肉離れに疲労骨折はスポーツ外傷と呼ばれ、関節の痛みでは膝関節の痛みや腰椎椎間関節の痛みなどが知られます。
長岡整骨院では熱をもっている時はアイシング、その後マッサージをおこなって筋肉を正常な位置にもどすことにより痛みを和らげていきます。

捻挫・打撲 症例

OLのSさん

会社帰りに週5日テニスをしていて肘を痛めました。痛みをおこし、何か物をもつのも激痛が走る様子でした。
利き腕なので文字を書くにも支障をきたし、数日会社もテニスもお休みして安静にされました。
運動の前はしっかり準備運動を行ってからにしましょう。
3週間ほど通っていただき改善しました。

高校生のH君

H君はバスケットボールの選手で、試合中に足首を捻挫しました。また次の大会も近いので、「早く練習したい」という気持ちが強く熱心に通っていただきました。
テーピングをし、しばらくは安静にしていただき、改善の後マッサージを行いました。

中学生のS君

S君は野球部の練習中に思いっきりスライディングした後、肉離れを起こしお父さんに連れられて長岡整骨院にこられました。お父さんの肩をかりながら足を引きずっており、自分で歩くのも困難な様子でした。肉離れを起こすのは骨盤のズレに原因がありましたので骨盤の矯正をおこないました。一見、脚と腰で別の場所と思われますが、骨盤のズレのせいで歩き方・走り方に問題がでているケースがあります。バランスを整えることによって怪我をしない体作りをしていきましょう。

お問合せはお気軽に075-951-0077

0759510077
top
..